お知らせ

2020.5.9

「知識は力なり」・・・どうする?小・中・高校・大学生?!

新型コロナウイルス感染拡大の

影響を受けて、休校が続いています。

 

受験生だろうとなかろうと、

学びの機会が失われていることは

生徒・学生にとって大きな損失です。

 

 

 

 

「自分は家で勉強できてるから大丈夫」・・・

学校は勉強だけのために

行っているという人なら

それでも良いでしょう。

 

 

 

 

 

今回は、2016年度に大阪大学で

出題されたお題を紹介したいと

思います。

お勉強がどんな風に発展できるのか、

それを考えることもまた学力

もとづいた想像力だといえるでしょう。

問題は以下の通り。

 

 

 

 

「知識は力なり」と言われます。知識をもつということはどんな力をもつことになると思いますか。具体例を挙げ、あなたの考えを70語程度の英語で述べなさい。

 

 

 

二つ考えてみました。

まずは料理を材料にとって・・・

In my opinion, to get knowledge means to get the ability to deal with a new situation.  If you learn a new recipe of a dish, you will be able to cook well but when you don’t have a full set of materials, then you will manage to make the dish without some materials.  Without what you know about the recipe, you will not be able to solve the problem.  (68wds)

 

 

 

次はアプリ開発を例にとって・・・

In my opinion, if you have knowledge about something, you will be able to develop the thing and create a new thing.  Suppose you finish making one application for a smartphone.  Then you can remake the app in order to make it easier to use, tackling new challenges.  Finally you can produce a new applicatkon on yourself, which means you have had the power to create a new thing.  (70wds)