お知らせ

2017.8.24

「見切り」は完全悪じゃない

 大学受験においてはどこかで「見切り発車」が必要です。そもそも出願という行為そのものが不確定要素を多分に含んでいるのですが、それよりもっと手前の段階から様々な見切り発車の状況が発生します。

 

 

 

 

 受験生本人にしてみれば、文理選択に始まり理・社の科目選択、さらに国公立大を受けるか私大かで入試に必要な教科・科目が異なり、国公立大を受けるにしても二次で用いる教科・科目の選択・・・もちろん「自分がやりたい勉強ができる大学」探しのためという観点も必要ですが、「その教科・科目をどこまで自分のモノにできるか、いつまで付き合って勉強できるか」という到達度の観点も必要になります。

 

 

 

 よく受験サイトで大学研究の重要性が説かれていますが、それは学部・学科を調べることだけではありません。前期試験・後期試験それぞれで、自分の受けたいところがどの教科・科目を要求してくるのかを面倒がらずに調べてリストにしておきましょう。

 こうした賢戦略のために割く時間を軽視する人は、よく言われるように受験の場でも「行き当たりばったり」の行動に走りがちですので、現時点の得意・不得意にこだわりすぎず、落ち着いて正確なデータを集めましょう。

 

 

 

 そして秋以降の模試の成績推移を考慮して、どこかで「決断」しなくてはいけません。たとえば、東京大学を受験したいが、世界史と地理を二つ、高いレベルで持ち続けるのが苦しくなってきた・・・こうしたときに受験生本人が下す「見切り発車」は(1)とにかく最後まで二つ持ち続ける  か(2)現実的に志望変更して使い勝手のよさそうな世界史を残す   このどちらかだと思います。

 

 

 そのどちらを選んだとしてもこれは受験生本人の感覚から出した「判断」ですので、どちらが良い・悪いということは絶対にありません。

 

 

 

 

志望変更が負けだと言う権利は誰にもありません。そんなことを言う人ばかりの社会はとても硬直していて意思決定が頑ななバイアスに寄ってしまいそうです。受験生本人にも、そう思わないですむように後悔なくしなやかに勉強していってほしい。他者と無意味な比較をしないで自分のためだけの受験に、メンタル強くして取り組んでいってほしいです。