お知らせ

2018.11.30

ソーシャルテクノロジーで我々はつながれるのか分断されるのか@順天堂(医)2018年度入試

 

2018年度入試で順天堂大学医学部で出題された自由英作文のお題は、
「ソーシャルテクノロジーは私たちを孤立させるものか、それとも他者とつなげるものか?」です。

 

 

答案作成を考える前に、ちょっと出題文を検討してみましょう。

The very first social media site was created in 1997. In 1999, the first blogging sites began to emerge. Today, there are many social media sites and apps available around the world. Supporters of social technology fucus on its benefits. Opponents argue that it may be harmful. In your opinion, does social technology make us more alone or less alone? In what ways?
とあります。
解答用紙や各社が出した解答例を見ると200語程度のボリュームが必要なようです。

ごく初期のソーシャルメディアが出現したのは1997年。1999年にブログが広がり始める。現在は世界中で多くのソーシャルメディアやアプリが使えるようになってきている。このソーシャルテクノロジーの恩恵を主張する人もいるし、反対にその有害な点に注意を向ける人もいる。あなたの考えでは、ソーシャルテクノロジーは私たちを孤立させるものか、それとも他者とつながりをもたせるものか?そのいずれかを具体的な状況とともに説明しなさい・・・、と、こんな内容です。

 

 

 

ソーシャルテクノロジーとは、主にインターネットを通じて利用される、ユーザー同士がつながりをもって情報を発信したり共有したりできること・またはそれを実現するための技術の総称です。

 

 

さらに、ソーシャルメディアとは、具体的にはブログのほかにもLINEなどのメッセージアプリを想定するとよいでしょう。

 

 

 

 

指示にもあるように、
明確に具体的な状況を書き込まないと
「内容点」をほとんどもらえず、
ただ量を書いただけの自己満足答案
・・・すなわち不合格に
終わってしまいそうです!

 

 

 

 

このサイトでは「ソーシャルテクノロジーは私たちを孤立させている」サイドと、「ソーシャルテクノロジーによって私たちは他者とつながれるようになった」サイド双方から答案を考えてみたいと思います。

 

 

 

 

けっこうな文章量になりますので、合計3回に分けて記事を書いていきます。
それまでに、自分ならどう作るかな・・・と考えてみてください。

 

 

 

にほんブログ村 英語ブログ 英語ライティングへ
にほんブログ村