お知らせ

2019.9.13

理想の都市像とは? 青山学院大過去問より

青山学院大学の過去問から、
今回はこれを扱いたいと思います。

What is your image of an ideal city?
Feel free to use your imagination.

志望する学部系統によって
書く内容がさまざまに
考えられそうです。

 

 

 

法学・社会学系統なら
防犯カメラや環境に関する視点。
理工系統ならスマートシティや
インフラ整備、自動運転自動車の普及。

 

問題文には自由に想像して
よいって書いてあるけど、
思いついたことを
ただ書き連ねるのは、
いつも申し上げている通り
NGです。

 

想像力を働かせて、
具体的にビジョンを描き
浮上してくる課題や
できたらその解決策に
なるようなことまで書くと
よいでしょう。
語数レンジは80~100語です。

 

 

語数としては
そう多いわけではないので、
理想像をあれこれ挙げるだけの
答案にしてしまうと

   論理性の薄い答案
     イコール
   書いたわりに点にならない答案

になってしまいますので
注意しましょう。

 

 

 

今回はほかのトピックでも
転用可能な、
自動運転自動車を使って
述べてみようと思います。

 

 

 

Speaking of an ideal city,
I first of all think of auto-driving cars.
Now every year we often hear
it reported that many people are
involved in traffic accidents and
injured, in the worst case, killed.
If auto-driving cars become
popular such risk will surely decrease.
An auto-driving car can prevent
a driver from driving dangerously,
so that people can more safely
travel in a city. For auto-driving cars
to become widely used there will be
many points in a city to be drastically
changed. Roads should be always kept cleaned.

Auto-driving cars are watching

by their sensors and cameras
what exists on the road, avoiding it
in order not to cause an accident.
If they find something on the road
and stop suddenly, cars after them
can bump into the cars which have
stopped. A future city where
auto-driving cars are running
will be totally different from
what it is today.

 

 

 

もう少し語数があれば、
道路沿いの看板のデザインや色にも
注意が必要だという内容を
盛り込むことができますね。
皆さんもいろいろ考えてみてください。

 

 

 

今年も

パワーユアライティングに

依頼をいただいて添削しております!

あなたの記述力もアップさせましょう!

 

にほんブログ村 英語ブログ 英語ライティングへ
にほんブログ村