お知らせ

2019.6.7

英作文に添削は「超」有効。むしろ表裏一体、なんなら必然。

 

テレビ番組見てると

こんな内容が!

 

 

 

「何回おなじことを言えば
分かるの?!怒(# ゚Д゚)」

 

↑この問いに対する答えは

「何回でも教えてあげれば
いいじゃない (´▽`) ホンワカ」

 

 

・・・まあ そうなんですけどね

 

 

頭ではわかっているけど
ついつい感情的になっちゃうよね

 

 

怒りたくなる気持ちも

わからんではない

 

 

じゃあ一体、何回教えれば
相手に通じるのかを
具体的に指導回数を研究した方が
いらっしゃったそうです

その研究結果が・・・

 

 

 

 

 

 

 

歴然!!  ですな

もちろん 
受け手=受験生や生徒サイドの

熱量の大小にも左右されるかも

 

 

 

それでも一方通行で指導する側から
聞かされるだけでは、

ミスが修正されるまで平均して
500回以上の指導があったそうです。

 

 

 

 

それが、添削=双方向学習だと 
ミスの修正まで平均して20回
指導が必要。

 

 

 

すなわちミスの修正=減点を
減らすのにかかる時間も
ぐっと短縮されるってことで。

 

具体的な数字を出してみせて
いただいたのが満足

 

 

やっぱり英作文指導には添削しか
ないんだわ~と納得

 

 

 

まずは お問い合わせ
お待ちしております!