お知らせ

2020.6.9

青山学院大学の出題は着眼点が良いと思う

 

 

 

青山学院大学文学部2020年度入試にて
出題された自由英作文のお題です。

 

 

 

 

今の社会を観察しているかどうか、
上手にすくいとったお題だと
思いました。

 

 

問題文はこちらです。

 

 

 

 

 

 

 

What do you think are the warning signs of using social media too much and what would you do if you saw such signs in someone close to you?

 

 

 

この人・・・ソーシャルメディアに
ハマりすぎているな!と
思ってしまう危険な兆候を複数挙げ、
もし親しい人にその兆候が見られたら、
あなたはどうしますか?
というお題。

 

 

 

 

 

危険な兆候を複数個あげると
いいましたが要求されている語数が
50語程度なので二つも書けば
十分でしょう。
終盤は近しい人へのアドバイスを
置きますがその内容は誰でも
容易に思いつくものなので
難しくないし差がつかない。

 

 

 

 

勝負は前半、兆候を具体的に
書けるかどうかで差がつきます!

今回は、
(1)インターネットから離れて
いられないこと

(2)自分の意見を持つにあたって
特定のサイトに過度に依存すること

この二つを兆候として書いてみました。

 

 

I think of two signs; one is that
a person cannot stay away from
the Internet and the other, the
person will depend too much
on some particular sites to develop his own opinion. If I found such signs in my close friend, I would advise him to stop using social media too long and to be fair about things.

ちょっと多いですね・・・
削るなら終盤の
and to be fair about thingsですね。
具体的な内容ではないし、
捨てても惜しくないところだと
思います。