ご利用者様の声

実際に英作文の添削を指導した
生徒さんから頂いた
生の声をご紹介します

  • Aさん

    早稲田大学の複数学部の自由英作文対策で利用させていただきました。ミスしたところもただ直されるのではなく、丁寧に教えていただいて本当に分かりやすかったです。「この表現がいいです。」と励ましのコメントもあり親身になっていただきました。

  • Bさん

    大阪大人間科学部に合格しました。阪大狙いなのに、受験勉強を始めた頃は文法もままならない状態でした。添削していただく中で文法を覚え、単語や熟語を覚えていくうちに自信がつきました。どうせ二次試験に自由英作文が出題されるのなら、書きながら文法を整理していった方がいいですよ!

  • Cさん

    大阪大学法学部に無事合格できました。とても親切な添削でした。自由英作文の添削課題ではたくさんミスしましたが、しっかり直してもらえました。大学から合格通知が来た時に、高校の先生より先にメールで合格とお礼を伝えたほど、信頼できるところです。

  • Dさん

    一年間本当にありがとうございました。前期試験直前でも死ぬほどミスしていましたが東北大学前期では自由英作文はしっかり得点源になったと思います。ミスをしても、添削指導が的確でわかりやすく、指摘内容が理解できるにつれて自信もつきました。本当に本当に感謝です。

  • Eさん

    医学科受験では二次力が重要です。金沢大学医学類は英作文重視だったので、早い時期から自由英作文の練習のために添削を受けていました。自分ではよく書けたと思っていても採点者の目から見ると、おかしなミスを見逃していたり、論理に飛躍があったりと、独学では気づけないところに気づけたのが良かったです。本番では形式が変わりましたが、十分に書く練習をしてきたので全く動じず、前期で合格できました。

  • Fさん

    金沢大学の薬・創薬に合格しました!親子そろって、本当に大満足です。たくさんサポートしていただき、心強く、安心して娘の受験を応援することが出来ました。ありがとうございました。

添削例

添削の一例をご紹介します

英作文課題

「小学校に英語教育を導入することに関して、
反対の意見を50語程度の英語で述べなさい。」

答 案

添 削

  1. agree/disagreeは動詞なので、be動詞と共起できずI disagreeが正しい。
  2. 人称代名詞のブレに注意。人称代名詞がコロコロ変わると誰のことを言っているか見えにくくなり、論理的でなくなってしまいます。自分の立場から主張すればよいので書き手自身を含めたweで統一した方がよいでしょう。
  3. the Japaneseだと「日本人」の意味に読まれてしまいます。後でthe English wordsが出てきますが、出た順に採点者は読むので、ここは誤解の余地が生じないようthe Japanese expressionsと明確に書きましょう。
  4. 上でthe Japanese wordsにしなかった理由は、小学校で扱われるのは必ずしも単語ばかりではないからです。むしろ小学校での英語教育だからこそ、決まったフレーズから入ることの方が多いでしょう。だからwordsにせず、そしてphrasesにもしないでexpressionsにまとめました。words and phrasesにしてもよいのですが、ここで語数を使ってしまうのがもったいないです。
  5. the English ex pressionsがすべて日本語に翻訳されるわけではないので、この部分は妥当とはいえません。so~that…構文が結果表現として(日本語表現を十分に知っていなければならない、その結果、英語表現を理解できる)用いられているところから、ここは副詞節で条件を明らかにするとより明確になるでしょう。when we see them for the fi rst timeを加えると、日本語力を背景として持っていることのメリットとして裏付けになります。
  6. grammerではなくgrammar。スペルミスはゼロにしましょう。
    そして前文でも指摘したようにwordsにこだわる必要はないのでwordsを除いて、さらに副詞を活用し「まだ十分、日本語そのものを理解していないので」と作り、students don’t und erstand the Japanese language yetとするとよいでしょう。
  7. 文法上のエラーではありませんがやや断定的すぎるので、difficultにした方がよいでしょう。
  8. 冒頭で触れたようにgrammar and wordsを取り下げたので、ここも副詞を使いthe English language fullyとするとよいでしょう。

「こんなに直されるの?」とよく言われます。
でもその「気づき」こそがあなたの自由英作文の力を高める一歩なんです。
直されて進歩する。ミスの多さにヘコむ時間があるのなら、
その分すぐ立ち直って、次のミスを防ぐ注意力をつけましょう。
自由英作文の答案作成は、自分が持てる全ての知力が必要です。
その訓練を積めるのは「パワーユアライティング」だけです!

私にお任せください!

高校生・浪人生を対象に、旧帝・医学科・外語大・早慶への受験英語指導を長年行ってきました。英作文の上達のためには添削がベストです。頭ではわかっているけどなかなか行動に踏み切れないでいませんか? 学校でも塾でもない、大学受験に必要な自由英作文の訓練の場がここにあります。
まずはトライアル添削から始めて、自由英作文の攻略に一歩踏み出しましょう!